頭痛でお悩みの方へ

頭痛によくある症状

  • ズキズキと
    波打つような
    痛み

  • 頭痛だけでなく
    吐き気を催す
    ことがある

  • 頭全体を
    締め付けられる
    ような痛み

  • 首筋や肩が
    張っている

つらい頭痛と上手に付き合うために

ひとくちに「頭痛」と言っても

 

脳腫瘍やくも膜下出血など脳の病気が原因となり生じる
「生命にかかわることのある頭痛」から

 

病気などからではなく、慢性的に生じる頭痛までさまざまです。

 

今回は多くの方を悩ます「慢性頭痛」の3つのタイプについて

その原因や対処法をご紹介します。

 

自分がどの頭痛タイプなのかを知り上手に頭痛と付き合っていきましょう。

頭痛でお悩みの方へおすすめのメニュー Recommend Menu

 3つの頭痛タイプ、あなたはどれに当てはまるでしょうか

慢性頭痛は大きく分けて「緊張型頭痛」「片頭痛」「群発頭痛」の3つのタイプに分けられます。

タイプごとに原因や症状が異なってきます。

まず、自分がどのタイプに当てはまるのかをチェックしてみましょう。

【緊張型頭痛】

 

慢性頭痛の中で1番多い頭痛タイプがこの「緊張型」となり、年齢や性別など関係なく起こることが特徴です。

首や肩、背中のこりによる血行不良が原因となり、痛みや疲労の原因となる物質が筋肉に蓄積し、やがて目の奥の痛みや頭全体、あるいは後頭部を締め付けられるような頭痛症状へと発展します。

長時間同じ姿勢のまま作業するデスクワークはもちろん、ストレスなどで身体の緊張状態が続くことも症状の引き金となります。

 

【片頭痛】

 

ストレスや気圧、生活習慣の乱れが原因となり起こることが特徴です。
男性よりも比較的若い方の女性に多くみられます。

脳の血管が拡張し血管周囲の神経が刺激されることにより、ズキズキと波打つような痛みがこめかみを中心に数時間〜数日にかけ持続することが多いです。
片側のみ痛むケースが多いですが、両側の場合もあります。
光や音、においに敏感になったり、吐き気や嘔吐を併発することもあります。

 

【群発型頭痛】

 

一次性頭痛の中でも最も強い痛みを伴うことが特徴です。
男性に多く、働き盛りの若い方に発症しやすいとも言われています。

症状としては頭の片側、もしくは目の奥が激しく痛むことが数ヶ月間決まった時間に起こり、これを「群発期」と呼びます。
一度症状が現れると1時間〜2時間ほど続き、血や鼻水、鼻づまり、汗をかくなど自律神経症状も併発することもあります。

特に夜間・睡眠中に起こりやすく、強い痛みにより「眠れない」「痛みで目を覚ます」など睡眠障害に悩まされるケースもあります。

 

頭痛の対処方法

自分がどの頭痛タイプか把握できると、正しい対処方法が自ずと定まります。


先ほどご紹介した頭痛タイプをもとに、ここではそれぞれの対処法をご紹介していきます。

 

【緊張型頭痛の対処法】

 

緊張型の場合、ストレッチを取り入れて、凝り固まった首から肩にかけての筋肉を優しくほぐしてあげると良いでしょう。
この時、無理に強く押すのは逆効果になりやすく、筋肉が炎症を起こし痛みが増す可能性もあります。

ホットタオルネックウォーマーを使って温める方法もおすすめです。
血行が促進されて筋肉の緊張を和らげてくれます。

長時間のデスクワークの際は、最低でも1時間に1回は身体を動かすなどを心がけてみましょう。

 

【片頭痛の対処法】

 

「運動」「入浴」「揉みほぐし」の3つを控えることが大切です。

血行を促進すると返って痛みが増しやすいので、保冷剤などを使って額やこめかみを冷やしてあげると痛みの緩和に繋がります。

また、光や音、においにより痛みが強くなることもありますので、静かな暗めの部屋で安静にすることをおすすめします。
規則正しい生活習慣を意識することも片頭痛予防に繋がります。
質の良い睡眠を心がけ、最低でも6時間は睡眠をとりましょう。しかし寝過ぎは返って片頭痛を引き起こす可能性があるため、休みの日は寝すぎることがないように注意しましょう。

 

【群発頭痛の対処法】

 

群発期の飲酒は頭痛が誘発されるため禁酒するよう心がけてください。
加えてたばこも控える方が良いでしょう。

規則正しい睡眠も重要ポイントです。
比較的睡眠時に症状の出やすい群発頭痛は、就寝時刻が不規則になると思いがけないタイミングで症状が現れることもあります。
発症時間を見極めやすくするために毎日同じ時間に就寝、起床するように意識しましょう。

あまりにつらい場合は頭痛外来を利用することも1つの方法です。医療機関に相談することが症状緩和への糸口にもなってくれます。

 

頭痛は一般的な症状であるため我慢しがちですが、なかには思いもよらない病気が隠れていることもあります。

これらの対処法を試してみても症状の改善がみられない場合や気になることが少しでもある方は、医療機関へご相談されてみることをおすすめします。

 

武蔵境中央整骨院の【頭痛】アプローチ方法

頭痛には、

目の周りや首、肩の筋力の緊張が原因で起きる「緊張性頭痛」

ズキンズキンと脈うつような、こめかみに痛みが特徴の「片頭痛」

目の奥が一定の期間に集中して強い痛みが起きる「群発性頭痛」

の3種類があります。

原因はさまざまですが、3つの共通点として首や肩の筋肉の固さ、骨格のゆがみが考えられます。

当院では、まずカウンセリングでお話を伺い、どの頭痛型なのか判別し身体のゆがみを確認します。

施術内容は頭痛のタイプにあわせた「骨格矯正」などを行っていきます。

その他にも全身の筋肉へアプローチすることで頭痛の改善を目指します。

薬を飲んでも痛みが取れないなどでお困りの方は当院にご相談ください。

 

【頭痛に対する施術方法】

 

■ハイボルト療法

ハイボルト(高電圧)の刺激を患部に施すことで、除痛や腫れの軽減、可動域の向上を目指します。
血流が促進されることで早期回復の効果も期待できます。
ぎっくり腰や寝違え、骨折や捻挫などの突発的なケガにおすすめな施術です。

 

■テーピング

キネシオロジーテープやホワイトテープ、スパイラルテープなどのテーピングテープを、身体の状態や目的に合わせて使用していきます。 突発的なケガののサポート及び習慣性の痛みの軽減に効果が期待できます。
スポーツのケガ、突発的なケガ、大会直前のケガでお悩みの方におすすめな施術です。

 

■骨格矯正

ちょっとしたくせを何気なく続けているだけでも全身の骨格にはゆがみが生じ、骨格に付着している筋肉のバランスにも崩れが生じます。
すると次第に、さまざまな部位に痛みや不調を感じるようになります。
当院では、細かく検査を行いバランスの崩れを見極めた上で、ソフトな施術を行います。
強い力で強引に行う施術ではございませんのでご安心ください。

 

■ドレナージュ

【EHD】

頭蓋骨の中央にある「蝶形骨」のゆがみを矯正し、目の周りの筋肉をほぐす施術です。
耳ツボの刺激を行う場合もあります。
頭痛やめまい、眼精疲労、自律神経のバランスの崩れによる不調に効果が期待できます。

 

■カッピング

痛みを感じている部分に透明のカップを吸着させ中を真空状態にし吸い込んでいきます。
身体の表面の循環を促進することで表層の筋肉を柔らかくしていきます。
肩や腰の痛みや血行不良による不調の緩和に効果が期待できます。

著者 Writer

著者画像
院長:山口 剛史
資格:柔道整復師 関東柔道整復専門学校卒業
出身:山形県米沢市
人柄:明るく、熱く、人を助ける気持ちを大事にもつ
スポーツ:レスリング。全国大会経験者
モットー:
世の中から痛みで悩む人を無くしたい。痛みで好きな事を我慢する人を無くしたい。知り合った人達全員のQOLを高める手助けをします

得意な施術、症状:
スポーツのケガ、突発的な痛み(ぎっくり腰、寝違え、捻挫など)、産前産後のメンテナンス
 

  関連コラム Column

   

当院おすすめメニュー Recommend Menu

当院のご紹介 About us

院名:武蔵境中央整骨院
住所〒180-0022 東京都武蔵野市境2-3-24
最寄:JR 中央線 武蔵境駅北口 徒歩5分
駐車場:なし
                                 
受付時間
9:00〜
12:00
-
15:00〜
20:00
14:00~
17:00
-
定休日は日曜・祝日です

【公式】武蔵境中央整骨院 公式SNSアカウント 武蔵境中央整骨院ではFacebook・Instagram・LINEを運用中!

【公式】武蔵境中央整骨院 公式SNSアカウント 武蔵境中央整骨院ではFacebook・Instagram・LINEを運用中!

【公式】武蔵境中央整骨院
公式SNSフォローお願いします!

  • 新しい施術のご案内をしています
  • 受付時間変更などのご案内をしています
  • LINE[公式]で施術のご案内配信中