原因不明の痛み・しびれ
(首・肩・腕)でお悩みの方へ

原因不明の痛み・しびれ(首・肩・腕)によくある症状

  • 首や背中に
    かけての痛み

  • 手足のしびれ、むくみ

  • 頭痛や耳鳴り

  • めまい、ふらつきを感じる

原因不明の痛みに悩んでいませんか

身体の広い範囲に出る痛みやしびれの症状に悩んでいる方は少なくありません。

 

このような症状の原因はいくつかあると考えられています。

 

早期発見・施術をすれば症状が改善することもあり、
場合によっては自宅でのセルフケアで和らぐケースもあります。

原因不明の痛み・しびれ(首・肩・腕)改善メニュー Recommend Menu

首や肩、腕などにしびれを感じる原因

身体のあらゆる場所に痛みやしびれが起こる原因は一つではありません。


しかし首、肩、腕、手など上半身を中心に痛みやしびれの症状のある場合は、「首」に原因がある可能性が高いと言えます。

 

首を悪くする主な理由は「筋肉の疲労」です。
この場合、筋肉をほぐすことで症状が和らぐことがあります。

しかしながら、なかには違う病気や原因が隠れていることもあるため注意が必要です。

では実際にどのような病気が考えられるのかをみてみましょう。

 

【頸椎椎間板ヘルニア】

 

手足に痺れや痛みを伴う病気です。
関節のクッションである椎間板が後ろに飛び出し、神経を圧迫することにより起こります。
老化現象の一つとも言われていますが、長時間同じ姿勢を続けることで過度な負担が関節にかかり発症する場合もあります。
初期は首や肩の痛みやこりから始まり、次第に腕や手がしびれたりすることもあります。

さらに進むと頭痛、めまい、ふらつきなど頭部の不調へと繋がり、最終的には歩行困難や排尿困難になるケースもあります。

 

【肘部管症候群】

 

肘部管(肘関節内側にある骨のくぼみ)にある神経が圧迫させることにより、小指に痛みやしびれが起きる病気です。
長時間肘を曲げ続けることや、幼少期の骨折による肘の変形(外反肘、内反肘など)も原因の一つとされています。

放っておくと手の筋肉が痩せ細ったり、指の変形が起こることもあります。

 

このほかにも考えられる原因はいくつかあり、例えば女性ならば、ホルモンバランスの変化により首や肩に痛みが出ることもあります。

内臓の病気が関係している可能性もないとは言えませんので、気になる場合は医療機関へ相談することをおすすめします。

 

痛みを和らげるセルフケア方法

では次に、痛みを改善するためにセルフケア方法についてや、日常の中で気をつけたいポイントをご紹介します。

 

【痛みしびれの対策方法】


●正しい姿勢チェック

まずは自分の姿勢が正しいかチェックしてみましょう。

正しい姿勢かどうかは「耳・肩・股関節・膝・くるぶし」の5点が横から見た時に一直線になっているかどうかで判断します。


この時、背中や腰は自然なカーブを描いている状態で問題ありません。
※無理に伸ばすと腰に負担がかかるため注意しましょう。

 

多くの方は身体の重心が真ん中に前後左右どこかに偏りがちです。
身体は自ずとゆがみ、どこか1カ所に余分な負荷がかかってしまいます。

現代人に多い「ストレートネック」も首から背中を痛める原因の一つです。
定期的に家族でチェックをし合うことも良いでしょう。

 

●筋肉をほぐすには「運動」「ストレッチ」「温め」が大切

定期的な運動は健康のためだけでなく、血行が促進されて筋肉の緊張やこりが改善されます。

有酸素運動の一つであるウォーキングは足腰の強化に繋がることはもちろん、円滑な呼吸により代謝が促され体脂肪燃焼を始めとする生活習慣病も改善・予防してくれます。

 

腰痛などで身体を思うように動かせない方は、簡単なストレッチから始めてみましょう。
首を左右にゆっくりと傾けるストレッチは、首から肩にかけての筋肉をほぐしてくれます。

 

また、気をつけたいこととして、首や肩を始めとする身体全体を冷やさないことです。
『冷えは万病の元』とも言われており、血行不良が起きると筋肉がこり固まり、それが痛みを引き起こす原因にもなります。

ネックウォーマや市販の温めグッズなどを利用するなどして、血行不良を防ぎましょう。

 

●長時間同じ姿勢を続けない

デスクワークによる長時間の座り仕事は腰痛の原因になります。
さらに首や肩もこりやすくなるので、最低でも1時間に一度は立ち上がってストレッチするなど心がけてみてください。

 

長時間スマホを見続けることもよくありません。
眼精疲労はもちろんのこと、ずっとスマホを手で持ち続けることで指が疲労し腱鞘炎になる可能性もあります。
時間を決めて使用しましょう。

 

武蔵境中央整骨院の【原因不明の痛み・しびれ(首・肩・腕)】アプローチ方法

腕や上半身の痺れは、頸椎ヘルニア頸椎症胸郭出口症候群肘部管症候群手根管症候群などが原因でしびれが出ます。

当院では、施術に入る前に念入りにカウンセリングを行い「関節が狭くなってるか」「どこの筋肉が硬くなっているか」を探し施術プランを立てます。

 

しびれの強い場合、初回施術~3回目位は「ハイボルト療法」でしびれを引かせて1週間に5~6回の施術を行います。

しびれがおさまってきたらストレッチや「骨格矯正」をしていき、1週間に3~4回の施術を2~3ヶ月行うことで再発予防が期待できます。

原因はわからないけどしびれが出始めたなと思ったら我慢せず、ご相談ください。

 

【原因不明の痛み・しびれ(首・肩・腕)に対する施術方法】

 

■ハイボルト療法

ハイボルト(高電圧)の刺激を患部に施すことで、除痛や腫れの軽減、可動域の向上を目指します。
血流が促進されることで早期回復の効果も期待できます。
ぎっくり腰や寝違え、骨折や捻挫などの突発的なケガにおすすめな施術です。

 

■テーピング

キネシオロジーテープやホワイトテープ、スパイラルテープなどのテーピングテープを、身体の状態や目的に合わせて使用していきます。 突発的なケガののサポート及び習慣性の痛みの軽減に効果が期待できます。
スポーツのケガ、突発的なケガ、大会直前のケガでお悩みの方におすすめな施術です。

 

■骨格矯正

ちょっとしたくせを何気なく続けているだけでも全身の骨格にはゆがみが生じ、骨格に付着している筋肉のバランスにも崩れが生じます。
すると次第に、さまざまな部位に痛みや不調を感じるようになります。
当院では、細かく検査を行いバランスの崩れを見極めた上で、ソフトな施術を行います。
強い力で強引に行う施術ではございませんのでご安心ください。

著者 Writer

著者画像
院長:山口 剛史
資格:柔道整復師 関東柔道整復専門学校卒業
出身:山形県米沢市
人柄:明るく、熱く、人を助ける気持ちを大事にもつ
スポーツ:レスリング。全国大会経験者
モットー:
世の中から痛みで悩む人を無くしたい。痛みで好きな事を我慢する人を無くしたい。知り合った人達全員のQOLを高める手助けをします

得意な施術、症状:
スポーツのケガ、突発的な痛み(ぎっくり腰、寝違え、捻挫など)、産前産後のメンテナンス
 

  関連コラム Column

   

当院おすすめメニュー Recommend Menu

【公式】武蔵境中央整骨院 公式SNSアカウント 武蔵境中央整骨院ではFacebook・Instagram・LINEを運用中!

【公式】武蔵境中央整骨院 公式SNSアカウント 武蔵境中央整骨院ではFacebook・Instagram・LINEを運用中!

【公式】武蔵境中央整骨院
公式SNSフォローお願いします!

  • 新しい施術のご案内をしています
  • 受付時間変更などのご案内をしています
  • LINE[公式]で施術のご案内配信中